沖田の日記

人生のきっかけなんぞ、だいたい「なんとなく」じゃよ。

「確かな学力」を育成するために、力を入れていきたいことは何ですか?

 

「確かな学力」を育成するために、力を入れていきたいことは何ですか?という質問がある。

 

今求められている「確かな学力」って何?って話になるのだが、変化の激しい予測不可能な時代背景で、自分で考えて云々かんぬんってわけで。

 

文科省は以下のように言っているわけですね。

 

f:id:kjux3r7335:20190630135255p:plain

http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/gakuryoku/faq.htm

 

 

つまり

 

「知識・技能」

「学ぶ意欲」

「思考力・判断力・表現力等」

 

ってわけですね。

 

 

***

 

 

そうすると私は、「学ぶ意欲」に重点を置きたいですね。

 

「学ぶ意欲」を掘り起こすためには

 

  • 「興味関心」を引き出すための導入(教材研究をする)
  • 「わかった、できた」という実感を持たせる(漢字テスト何度でもチャレンジOK等)
  • 見通しを持たせる工夫(例:敬語の授業では社会のどんな場面で使うのか)

 

そういうことを意識していきたいですね。

 

「知識・技能」にも繋がっていくのではないかと考えます。