沖田の日記

がんばれ、おれ。

この恋を終わらせたくない。

 

先日「彼女ができた」という、自慢記事を書きました。

 

 

xxx3.hatenablog.jp

 

 

しかし、早速 破局フラグ が立っているのでお知らせします。

 

 



 

結局僕のほうが好きの気持ちが大きすぎるんですよね。

 

バランスの問題だし、「恋愛は惚れたほうが負け」という定説どおりです。

 

彼女も僕のこと好きは好きなんですよ。

 

けど、、、けど、、、ですよ。

 

 

 

もうすぐ付き合って1ヶ月だというところで、「沖田くんの気持ちに応えられる自信がない」という話をされました。

 

付き合いたてのときに「私はゆっくり関係を進めていきたい」と言われていたのに、僕はこの1ヶ月弱でそこそこ進めてしまいました。

 

一線も越えてしまいました。

 

一線を越えてすぐに彼女は泣き出して、「沖田くんの気持ちに応えられる自信がない」という話になりました。

 

浮かれてた僕がバカでした。

 

 

 

「友達に戻って、考えさせてほしい」と言われました。

 

これはもう終焉を迎えようとしているとしか思えませんよね。

 

僕の気持ちは「そういう性的なことは求めなくていいから、全部ゆっくりで大丈夫だから、一緒に歩んでいきたい」という感じで伝えました。

 

でもやっぱりきっと予想されるのは「友達でいたい」という回答が返ってくるということですよね。

 

「友達」だったらLINEも電話もしていいし、遊びに誘ってもいいのでしょうか。

 

片思いの相手として接していいのでしょうか。

 

「友達」だったら手を繋いだりキスをしたりはもうできなく(しなく)なるでしょう。

 

本当にそれでいいのか?

 

貴女も求めてたじゃないですか。

 

早まって先に進んでしまったことは自分が悪かった。

 

けど、、、

 

ああ、、、

 

ここで終わってしまうのでしょうか、、、。

 

 

 

彼女のことを知らない知人女性(既婚)に今回の経緯を相談したら「大丈夫だと思うよ」って言ってくれました。

 

男なら余裕で構えていなさい、と。

 

そうですよね。

 

まぁ沖田は女々しくて女々しくて仕方ないっすよね。

 

彼女は、気持ちが追いついていないのに体の関係がなされていくのを望まない

 

なら、僕が彼女のペースで大丈夫だとすればどうなのか。

 

ていうか本当に大丈夫なんだけど。

 

ていうか最初からちゃんとコミュニケーションを取って、彼女の気持ちを汲んでやればこんなことにはならなかったかもしれないし、普通に最初から汲んでやれよって話なんですけど。

 

 

 

「やっぱり沖田くんとゆっくり進んでいきたいです。それでもいいですか?」

 

っていうメッセージが届くことを星に願って、七夕伝説の奇跡を待ちたいと思います。

 

 

f:id:kjux3r7335:20190623131904j:plain

 

 

【2019/06/29追記】

 

月曜日に電話して話して、とりあえず破局は回避したっぽいです。

平日夜は電話もしますし、もちろんLINEもします。

 

それでも試されている感じは継続している気がします。