沖田の日記

がんばれ、おれ。

ブログなんか自分のために書けばいい。

 

こういうこと言うと「ブログを書いている立場としてどうなの?」みたいな感じになるかもしれませんが、僕としては

 

ブログなんて別に読まれなくてもよくね?

 

って最近思っています。

 

 

GoogleSEOがどうのこうので、価値ある情報がウンタラカンタラで、なんちゃらかんちゃら…みたいな話ですけど、

 

何か、僕としてはもうどうでもよくなってきてるんですよね。

 

ブログを始めて3年くらい経つんですけど、その間にこの「沖田の日記」以前に違うブログを3〜4つくらい作り直してきてたりするんですけどね、

 

そりゃ最初は躍起になって「ブログで稼いで自由気ままな人生を送るぜイェイ」みたいな野望もありましたけどね、

 

この「沖田の日記」を書くようになって、記事も170本くらい溜まっていて、今まで作ってきたブログの中で一番読まれてないやつになっているんですけど、

 

なんか、それでも別にいいやー

 

って思うようになったんすよね。

 

手を抜くようになったという一面もあるかもしれませんが、なんか、肩の力が抜けるようになったって感じですかね。

 

ほんとに思うままにつらつらと書いているんですけど、それでも一応文字数だけは1000文字を目安にやってるくらいで、

 

あとはサムネイル画像とかも多少考えるけど、あんまりこだわらないで書こうとしています。

 

力を入れてやってると疲れちゃうんですよね。

 

疲れると続かなくなっちゃうし。

 

もう書きたいことをただただ書くってだけです。

 

 

タイトルとかもあんまり気にしてません。

 

読まれるブログを目指すならタイトルはかなり注力すべき要素だと思うんですけどね。

 

ブログは、ある意味自分の為に書いてます。

 

 

何なら、教員生活の中での服装の記事とか最近書いてますが、これは1年後の自分が「あれ?どうだったっけ?」って思ったときに、ブログで「修了式 服装」とかってキーワード検索して、昨年度はどんなだったかを振り返るために書いてるやつですもん。

 

完全に自分のため。

 

そこで書いておいた情報が、偶〜々何か検索とかで読みにきてくれた人にも「へえ、そんな感じなんだな」って役に立ってくれればそれで御の字だと思うんですよね。

 

そういう意味での「役に立つ記事」が今後少しずつ増えていって、誰かのためになればいいと思ってます。

 

 

 

今日のこの記事は勢いにまかせてただ書き綴っているだけなんですけど、これを偶々読んでくれた人が「ブログってどうやって書けばいいんだろうなぁ」って思ってる人で、「ああ、そういう視点で『自分のために書く』ってのでも有りなんだなぁ」と思ってもらえたらそれで十分だな…と思って書いているだけですもんね。

 

ブログなんて自由でいいんです。

 

僕はこういうことを唱えていますけど、全然違う運用の仕方だっていいんです。

 

「みんな違って、みんな良い」なのです。

 

 

そんな感じです。