沖田の日記

I want to become unemployed.

プレゼントが嫌い。

 

僕はプレゼントが嫌いだ。

あげるのも嫌いだし、もらうのも嫌いなのだ。

 

今年のバレンタインでは職員室の机上にいくつかチョコレートがおいてあった。

駄菓子のようなアンパンマンの棒付きのチョコだったり、そんな小さなもので、他の男性職員にも配られていたものである。

しかしどの先生から配られたのかはわからないままで終わった。

 

校長先生が女性の方なのだが、ゴディバのチョコを頂いた。

大変ありがたかったが、恐れ多い気持ちも大きかった。

 

そしてホワイトデー。

校長先生用に辻利の抹茶チョコをセブンイレブンでこしらえた。

他の先生方用に無印良品ホワイトチョコレートがけイチゴをこしらえた。

だが、当日は誰も配ったり渡したりしている様子もないし、自分だけたいそうな感じに用意してしまって場違いな気持ちになったので結局渡さずその日を終えた。

 

f:id:kjux3r7335:20190316223916j:plain

 

プレゼントには「お返し」というシステムがあり、それが非常に苦手である。

なんとなく義務感のようなものが発生するじゃないか。

義務感で渡すプレゼントは、それは「プレゼント」としての本来の役割を果たしているのだろうかと疑問に思ってしまう。

 

こちらからプレゼントするのも嫌いである。

自分が欲しくないものをもらっても嬉しくないからだ。

性格や価値観にもよるのだろうが、自分は自分のほしいものがほしいのであって、それ以外のものはほしいと思わないしもらっても嬉しくないのが本音なのだ。

 

誕生日プレゼントも、結婚祝いも出産祝いも、一体何をあげたらいいのかわからないし、何がほしいのかわからない。

トンチンカンな贈り物をしても迷惑なだけであろうと、心配してしまう。

 

一生懸命に相手のことを考えて選んでくれた時間やその気持ちが嬉しいんだよという人もいるかもしれない。

そういう価値観も否定しないし、そう思う人も多いんだろうと思う。

でも、時間をかけた結果が「あまり欲しいものではなくて気持ちはありがたいけどそこまで嬉しくはない」みたいなことになったら、ああ、とんだ骨折り損のくたびれもうけではなかろうか。

そんなの報われなさすぎると思うのは僕だけではないだろうと思う。

 

モノのプレゼントなんか、もうやめてもよくない?

婚約指輪、結婚指輪とかはまぁ別にして、大人になったら自分の欲しいものは自分で買えばよくない?と思ってしまう。

 

プレゼントという風習を撤廃せよ。

 

もっとミニマルにシンプルに生きていいのではないだろうか。