沖田の日記

人生のきっかけなんぞ、だいたい「なんとなく」じゃよ。

ぼくの未来はどうなっているか。

 

基本的にぼくはニートになりたいと思っている。

毎日8時間寝たいし、好きな時間に就寝・起床したいし、アニメも見たいし、ゲームもしたいし、ブログも書きたい。

堕落した毎日でストレスなく生きていくのが一番叶えたい夢だ。

ドラゴンボールを7つ集めたらそんなことを願うかもしれない。

 

…もしかしたら世の中には本当にドラゴンボールがあるんだけど、ぼくみたいのが多いから神様はドラゴンボールを石ころのままにしているのかもしれない。

 

f:id:kjux3r7335:20190303174307p:plain

DRAGON BALL モノクロ版 14 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

とはいえ、ニートになりたいんだから仕方ない。

「雇用されて働き続ける」という生き方が向いていないのだと思う。

 

 

世の中に対してどう働きかけていきたいか

 

今回ははてなブログのお題「あなたの未来は?」について書かせてもらっている。

34歳のぼくにとって、余生60年くらいと考えたときにどんな未来を描くだろうか。

ゆるく穏やかに暮らしたいというのが本音であるが。

 

ブログを書いていくにしても何か発信していくにしてもそこには「メッセージ」が必要であり、主張したい何かが必要なんだと思う。

だが、ぼくの人生も100年いけば長いほうである。

歴史という大きな流れの中で、それが過去や未来を含んだ大きな河川であったとしたら、ぼくの人生なんて何かのはずみで生じた小さな泡のようなものなのだ。

あってもなくても大して大きな変わりはない人生なのだ。

じゃあぼくの人生に意味なんてないのか?って話だが、まぁ、意味なんてなくてもいい。

本当にちっぽけなものなのだからこそ、自分の好きに生きていいんじゃないかと思う。

 

世の中を変えたいだとか、そんな大それた気持ちはない。

「まぁ、意識とか高くすることもなく、ゆったり生きるのもいいじゃんっていうのもありだよね〜」っていうメッセージは送り続けてもいいかなと思う。

 

 

沖田の未来予想図

 

将来に向けてやりたいこともない。

努力していることもない。

ただなんとなく生きて、仕事して、飯食って、寝ている。

たまにブログを書いている。

 

こんなことで何かに特化して、それが仕事になっていくことはないだろう。

いつだって何か飛び抜けていく奴は、きっと自分のやりたいこと(やっていること)に没頭し本気で面白がって楽しんでいく中で、飛び抜けていくのだ。

 

じゃあ、ぼくは何なんだ。

このまま何もなく、実家に住み続け、結婚もせず、ハゲや老いも進行していって、独りでいつか死んでいくのだろうか。

まぁそれもいいだろう。

けど、せっかくならお嫁さんを見つけて、自分の子供くらいはほしいかなと思う。

自分のことよりも大切にしたい何かを見つけたときに、人は変わるのかもしれない。

 

沖田の未来予想図

「ブログを書きながらふわふわと地元で生きている」

 

 

POLA×はてなブログ特別お題キャンペーン #私の未来予想図

バナー
Sponsored by POLA