沖田の日記

人生のきっかけなんぞ、だいたい「なんとなく」じゃよ。

寝ながら稼ごう。

f:id:kjux3r7335:20190224204137j:plain


 

結局僕らは「寝ながら稼ぎたい」と思っているわけですよ。

 

自分の時間を売ることなく、十分な収入を作って好きなことをしてゆったりと生きていきたい。

 

朝早く起きることもないし

 

上司の監視下にいてストレスに悩まされることもないし

 

次の日を気にして夜更かしせずに早寝することもない。

 

好きなタイミングで寝させろや!!!!

 

好きなタイミングで起きさせろや!!!!

 

って話です。

 

そのために目指すのが「稼ぐニート」です。

 

要は水をバケツに汲んで運ぶのではなく、水路(パイプライン)を作り自動的に水が流れるようにしたいわけですよ。

 

THE STORY PABLO&BRUNO パブロとブルーノの物語[DVD]

パブロとブルーノの物語 DVD

 

 

そのためにブログを書いて「水路(パイプライン)」を構築していこうとしている人も多いと思うんですけど、なかなか他との差別化もうまくいかないし、思うように結果が出ないことも多いですよね。

 

そうして辞めていく輩も多いわけですよ。

 

そんな中でただただ「続ける」「記事を書き続ける」というだけでアドバンテージを得られるのにお気づきでしょうか。

 

 

記事を書き続けるだけで、そのうちブレイクスルーする可能性があるわけですよね。

 

こりゃやり続けるしかないな!!!!

 

と思いませんか?

 

僕ははてなブログの回し者でも何でもないですよ。

 

ただ単純に純粋に「俺、自由になりてえな…」って思っているだけのおっさんですよ。

 

でもきっと同じように思っている、もうすぐアラフォーなおっさんもたくさんいると思うんですよ。

 

おうおうおうおう。

 

一緒にがんばって自由になろうぜ!!!!

 

教員の仕事はやりがいもあるし嫌いなわけじゃないけど、

 

でももっと自分に無理のない人生を送りたいし、精神的にも安定していたいし、地元の活性化にも関わりたいし、自分のやりたいことにもっと時間を割きたいし、家族との時間を仕事に奪われたくないなと思うんですよ。

 

 

 

人には適性があります。

 

世間で一般的とされているルールや生き方は、それが特に苦痛でない多数派の人向けのルールに過ぎないわけです。

 

ちゃんと学校に行って、就職して会社に行って…という「世間でいう模範的生き方」に適応できない人は、自分が悪いとか努力が足りないせいだとか思う必要なくて、

 

「別にどんな生き方でもいいから、自殺とか殺人とか盗みとか犯罪行為をしないで、好きにいきたらいい」くらいに思って生きればいいと思うんですね。

 

 

 

まぁそうは言っても生きていくための必要最低限のお金は要するようになるので、ほんと必要最低限で良いので「寝ながら稼ごうよー」ってお話です。