沖田の日記

人生のきっかけなんぞ、だいたい「なんとなく」じゃよ。

【書評】『メモの魔力』自己分析1000問で人生の軸を見つけよう!

 

昨年末(2018.12.24)に発売され、話題を呼んでいる『メモの魔力 The Magic of Memos』を読みました。

 

SHOWROOM 前田裕二さんの著者です。

 

f:id:kjux3r7335:20190119172158j:image

 

もくじ

 

 

内容に触れる前に

 

初版発売前7万部から増刷がかかって、翌日には17万部で、たった6日間で2018年のランキングに滑り込む勢いで、「個」の時代になっていく中で必読の書!

 

…みたいに言われてますが、読んでみると割りと難しいです(笑)

 

「抽象化」とか「転用」とか「what型」とか「why型」とか

 

よくわからん。

 

よくわからないところはサラサラ〜っと読みとばしました。てへ。

 

いや、大事なところなのでしょうけど、一応ノートにメモもしましたけど、

とにかくメモする習慣をつけることのほうが重要だと思って。

 

ちなみに、『メモの魔力』の中でメモのノウハウの紹介もありますがちょっと普通のメモ術ではありません。

 

巷によくあるのは「目標や、やるべきこと(TO DO)を書き込んで頭をクリアにしておきましょう」とかそんな感じだと思うんですけど、

そういうのは『メモの魔力』にあまり書かれていません。

 

「よりクリエイティブな思考の時間に少しでもあてることが大事」みたいなことは書かれていますが、序盤にさらっとあるだけです。

 

それよりも物事の本質をとらえていこうとするメモの使い方とか、自分自身を掘り下げていって人生の軸を見つけようとする考え方とか、そういうことに重きを置いている「メモの本」です。

 

なので「思ってたのと違う…」という人もいると思うのですが、読んでみるとなかなか学ばせられるところも多いので、ぜひ一度手にとってみてください。

 

本屋で立ち読みするときも「思いのほか図解が少ない」とか思うかもしれませんが(笑)

 

写真や図解を用いずに文章で説明しているのが大半なので…(^_^;)

 

 

読書ノート公開

 

では、『メモの魔力』のフォーマットに全然則っていない(笑)僕の読書ノートを公開します!!

 

 (ブラインドの影が邪魔していてごめんなさい!!!!)

 

f:id:kjux3r7335:20190119172220j:image

f:id:kjux3r7335:20190119172231j:image

f:id:kjux3r7335:20190119172250j:image

f:id:kjux3r7335:20190119172259j:image

 

こんなかんじです!

 

 

ノートは見開きで使おう

 

前田さんはノートを見開きで使います。

 

その理由のひとつとして「書き込む場所が狭いと思考が窮屈になるので、できる限り広くスペースをとる」と述べています。

 

ぼくもこれに倣ってノートの右側ページに考え事とか、読書ノートとかを書くようにしています。

 

右側ページにはそこから発展したり、思いついたりしたことを書くようにしています。

 

余白を大きくとることは大事だと学生時代から教わってきていたような気がしますが、その重要性が社会人になってからわかってきたように思います。

 

学生時代はノートに隙間なく板書を書き写したり問題演習の答えを書いたりしてしまいますよね(^_^;)

 

自分の考えやアイデアや疑問点を書けるようにスペースを取っておくこと、そこから自分なりに調べ物をしたり考えを巡らせたりすることが重要なのだと思います。学生も社会人も。

 

ちなみに僕の右ページの使い方は前田さんの「抽象化→転用」みたいにしていません。

 

まだまだ自分の思考レベルがそこまで達していないというか、それを面倒に感じて書くのをやめるくらいならハードルを下げてとにかくノートやメモを書くことを重要視したいなと思うので。

 

今後思考を巡らせていく余裕ができたらまた右ページの使い方を発展させたいと思います。

 

 

メモで自分を知り、自己分析をし、軸を見つけよう

 

本書で最も重要なことはここだと思います。

 

もちろんビジネスを展開していく上でも有効なメモノウハウが書かれているのですが、その土台だったり大前提となる部分で「自分の軸」があり、それをメモによって見出してほしいという趣旨です。

 

これはぼく自身もまだまだ見つけられていません。

 

自分の軸を見つけるための「自己分析1000問」ってのが巻末にありますが、なかなかハードな作業になりそうです。

 

ちなみにその1000問ってのは無料公開をしてくれています。

 ↓↓↓

 

本を読みながら何となく考えたのはありますが、これ1000問を全部抽象化→転用って考えていくと相当しんどいと思います。

 

それでも「やったるでえ!!!!」って取り組んでみるのも面白いと思いますけどね。

 

やったらやったでそれなりの効果はあるでしょう。

 

前田さんは本の143ページで

 

人生の軸を探すという意味では、そこまで徹底する必要はありません。人生をより良く生きるための軸を見つけたいと思っているだけなら、レベル1の100問に答えるだけでも十分でしょう。

 

と述べていますので、ぼくも100問だけでもやってみたいのですが、途中で挫折してしまいそうです…(;ω;)

 

自分のコアにたどり着くまでやりきることが重要です。

 

 

「自分」とアポをとる

 

『7つの習慣』という本にもありますが、「緊急ではないが重要なこと」に時間を割けるかが大事だと前田さんもいいます。

 

そのために土日でもいいし、寝る前の1時間でもいいので、そのための時間を取りなさいということです。

 

人生は「時間をどう使ったか」の結果でしかないのです

 

本を読むのか、勉強をするのか、何かを生み出すのか、自己内省をするのか、アイデアをまとめるのか、自問自答するのか……。

 

夢に向き合う時間をしっかり確保し、行動することが重要です。

 

そのためにメモによって自分を知ることが大事だし、自己分析をして人生の軸・人生のコンパスを持っておくことが大事であるということです。

 

 

ちなみにその人生の軸は他人に言えないようなことでも良いと前田さんは言います。

 

モテたいとか、お金が欲しいとか、名声が欲しいとか、良い車に乗りたいとか。

 

人間らしい欲求ですし、それをクリアしたら高次の欲求にシフトしていくということです。

 

ぼくはストレスから解放された日々が欲しくて、お金もそこそこ欲しくて、モテたくて、良い家に住みたいです。(聞いてない)

 

 

おわりに

 

とにかく最初に一回読んでみると「なんか言ってることがややこしくて難しいなぁ」と思うかもしれません。

 

ある意味そういうところは不親切な一冊かも…。

 

もしかしたら今後図解版とか「マンガでわかる」とかそういうのが出てくるかもしれませんね。

 

読んでちゃんと理解できる人はそれで良いんですけど、「むずい」って思う人もぜひ分かりやすいところだけでも読んでみてください。

 

前田さんの生き方、考え方で学べるところは多いと思いますb

 

 

 

メモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book)

メモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book)