沖田の日記

人生のきっかけなんぞ、だいたい「なんとなく」じゃよ。

仕事のために人生があるのではない。

 

一昨夜、母と「妹はどれくらいの給料をもらっているのか」みたいな話をしました。

 

こんな感じで仕事をしています。

 

  • 通勤片道2時間弱
  • チェーン展開している某カフェの店長
  • 店舗は都心(※実家は郊外)
  • 終電で実家に帰ってきて風呂に入って仮眠して、始発で出ていくこともよくある
  • 会社はウィークリーマンションも用意してくれている

 

って感じです。

 

母曰く、これで月に30万円ちょいはもらっているんじゃないかと。

 

ウィークリーマンションの家賃も含めると実質40万円くらいの仕事をしているのではないかという話でした。

 

妹はかなりの頻度で実家に帰ってきているのですが、30〜40万円でこんな仕事ができるでしょうか。

 

終電で帰ってきて始発で出るってことがまあ頻繁にあります。

 

深夜1時に帰ってきて、朝5時台の電車に乗って出勤するんですよ?!

 

見ている感じ、これが月に半分以上あるんじゃないかと。

 

いやぁ、ぼくには無理っすよ…。

 

母が「あんたならいくら給料を貰えればやる?」って聞いてきたので「…80万円かな」って答えました。

 

なお、おばあちゃんが亡くなって、その忌引休も取れないでいるようで。

 

妹は通夜を欠席しました。(葬儀は出席します)

 

 

xxx3.hatenablog.jp

 

 

お金より大事なものがあるのでは

 

f:id:kjux3r7335:20190117114753j:plain

 

全然貯金がない僕が言うのも説得力がないんですが、お金より大事なものってあるんだと思うんですよね。

 

一度きりの人生ですから、家族との時間とか、今回みたいなお別れのときとか、そういうときに自分の人生の一部(つまり時間)を割いてやれるということはすごく重要な事だと思うんです。

 

ぼくなんて臨時採用の教員ですし、正社員っていうのも経験したことないですし、給料も月25〜26万円くらいなもんですけど、それでも今回ちゃんと忌引で家族との時間が取れたことは嬉しいなと思います。

 

まぁ月25〜26万円の月給で残業時間とか休日に仕事するとか、そういう面を考えると「十分ではねえよなぁ…」とも思うんですけどね。

 

 

 

数字・売り上げを追い求める仕事は大変だと思います。

 

昔バイトで電話営業やっていて、まったく数字が上げられず、しまいにはパワハラ受けて辞めたこともありました。

 

数字のことで上司に詰められている社員の姿も見ていて苦しいものがありました。

 

妹もそんなストレスを受けながら抱えながら、歯を食いしばって頑張っているのでしょうかね…。

 

ぼくにはやっぱりできそうもありません。

 

教員の仕事もそれなりにストレスは多いんですけどね。

 

あ。少し話がそれましたね。ごめんなさい。

 

 

 

妹もたぶん「仕事が大好き!生きがいなの!」って感じではないと思うんです。

 

家に帰ってきてもパソコンとにらめっこして、休日もパソコンの前に座っていますけど、やらなければいけないからやっているって感じなんですよね。

 

シフト調整の電話もしょっちゅうかけてるし。

 

 

 

人生観は様々で、いろんな生き方や価値観があっていいと思うんですけどね。

 

否定はしないけど、なかなか肯定もできない姿だよなぁ…なんて思う次第です。