沖田の日記

がんばれ、おれ。

【ガイアの夜明け】ZOZO前澤社長は超楽しそう。前編

 

ZOZOの前澤友作社長がお年玉企画を打ち出してきました。

 

 

前澤社長をフォローしてこのツイートをリツイートすれば応募完了、100名様に100万円をプレゼントするとの企画です。

 

100万円かー…。あったら何に使うかな?

 

貯金か、部屋を借りる資金か、家族で山分けするか…、

 

もしくは妹夫婦に2人目の子供が生まれるから、その際のお金に充ててもらっても良いかもな!

 

 

まっとうな理由が思いつかなければRTするのはやめようと思っていましたが、妹の出産のことがあったのでRTさせていただいちゃいました。

 

なお、偽アカウントも出回っているとのことです。

 

当選の偽DMなんかもたくさん流されそうで、そういう悪質な輩にはよくよく気をつけなければいけないでしょう。

 

 

***

 

 

昨日、以前に録画した「ガイアの夜明け」という番組を視聴したところで、偶々内容が

 

独占取材!前澤社長とZOZOの野望

 

というものでした。

 

2018年9月25日に放送されたものです。

 

視聴した感想は、「前澤社長の人柄が可愛い」といったところです。

 

そしてやっぱり経営センス抜群というか、もうすごいことこの上ない。

 

彼の発言も交えて紹介していきます。

 

f:id:kjux3r7335:20190106143041j:plain

出典:2018年9月25日放送 シリーズ あなたにファッション革命① ZOZOの野望|日経スペシャル ガイアの夜明け : テレビ東京

 

「通学途中に通勤ラッシュにあって世の中で働く社会人の姿を見た。そのときに見た大人たちのつらそうで つまらなそうな顔が当時高校1年生の僕には衝撃的だった。このレールは嫌だと瞬間的に思って意図的に外れようとした

 

f:id:kjux3r7335:20190112203711p:plain

 

めっちゃわかります。

 

ぼくも大学4年生で就活しなきゃー…就活するのか…?ってときに、サラリーマンになって楽しそうにキラキラしてる先輩って見たことねぇなぁ!!って思ってました。

 

それで俳優の道を志したりしたんですけどね。

 

話を戻します。

 

大学には進学せずバンドを結成し工事現場でバイトをしていた前澤社長。

その後CD・レコードの輸入販売を開始。

1998年にスタートトゥデイ設立。

輸入レコードの販売が軌道に乗ると、2000年には洋服のインターネット販売を開始。

当時は洋服のネット販売は一般的でないものだったが、独学でシステムを作り上げたそうです。

 

f:id:kjux3r7335:20190112203736p:plain

 

何をやるにしても人と同じことが嫌い。競争したくないから

「今では当たり前だけど、ネットで売るとブランドイメージが崩れるし、洋服はお客様に触って試着して買ってもらうものだから、通販で売れるわけがないと、ほぼすべてのブランドが言っていた」

「やらせてもらえませんか、と何度もお願いをして、そうしたら数ブランドがやってくれた」

 

「競争したくない」という考え方がZOZOスーツを生んだというのも有名な話です。

 

ただ創業時にはそれなりにがんばって営業活動もしていたのですね。

 

2004年にZOZOTOWNが誕生します。

前澤社長が29歳のときです。

 

ZOZOTOWNとは「想像・創造が行き交う街」という意味合い。

 

社員は前澤社長をどう見ているのか、というインタビューもされていました。

 

f:id:kjux3r7335:20190112203801p:plain

 

「すごく純粋で少年のような人」

「良くも悪くもピュア。究極のピュア」

「会社を千歩とか一万歩先を引っ張っているようなイメージ」

 

放送された映像を見ていても、本当に少年のような笑顔でいます。

 

社内の給与や報酬事情ですが

 

f:id:kjux3r7335:20190112203829p:plain

 

  • 基本給とボーナスは一律同額
  • 幕張に住むと月額5万円支給

 

とのことで、すべて前澤社長の方針で決まったそうです。

 

これについて前澤社長は次のようにコメントしていました。

 

f:id:kjux3r7335:20190112203900p:plain

f:id:kjux3r7335:20190112203927p:plain


 

社員が社員の悪口をいうのは最悪。給料の差や成功報酬を過激にやりすぎると『あいつはこうだ』とか変なことが起きるので透明性をもってやっている」

社員に言うのは『楽しんでやってくれ』『みんな洋服が大好きでしょ』と、それが結果、売り上げにもつながる。周りの人や社会や地域に対してもそういう姿を見せるのは大事」

 

楽しんで、仕事を大好きと思って、社員同士が良い関係性の中でやっていくことを重要視しているのですね。

 

社内では人間関係のストレスが少なそうにも感じられます。

 

 

***

 

 

ちょっとブログ執筆時間の関係で、番組全部から紹介することができませんでした。

 

後編も書けたらいいなと思いますので、時間をつくってやりたいと思います。

 

今日のところは、

 

前澤社長は超楽しそうに生きてるぞ

 

ってことでしょうか。

 

月にも行く予定ですしね。

 

後編、書けるようにがんばりますのでお楽しみに!

 

 ↓↓↓

 

【後編です】

xxx3.hatenablog.jp