沖田の日記

がんばれ、おれ。

【アウトプット大全】ブログで読書感想を書こう。

 

友達に西野亮廣さんの『新世界』という本を勧められて本屋に行ったんですけど、なぜか『学びを結果に変える アウトプット大全』という本を 買ってきてしまいました。

 

 

万が一、西野亮廣さんがこの記事を読んだら「なんだよおー」って肩を落とすかもしれませんね。

『革命のファンファーレ』という本であれば、電子書籍で買わせていただきましたので、読んだら感想を書かせていただきたいと思います。合掌。

 

『アウトプット大全』は精神科医の樺沢紫苑さんが書かれたアウトプット術の本です。

 

評判がいい本なのは知っていましたが、そもそもいろいろなビジネス書や読書術の本を読むと決まったようにアウトプットすることの重要性を説いています。

 

なので今更アウトプットについてまとめた本を読んでもなぁ・・・と思っていたんです。

 

ところがどっこい、立ち読みしてぱらぱらとページをめくってみると、

 

うんうんなるほど、ああ、これは肝に命じておきたい、ああ、ここは参考になるなあ、なるほど、こういう考え方もあるのか

 

と、気になる項目がいーーーーっぱいあって。

 

それで購入に至ってしまいました。てへぺろ

 

 

 

それでですね、書くこともアウトプットになるっていうのと、タイピングより手書きの方が効果が高いということでB5ノート5ページに渡って気づきを書きまくりました。 

 

公開しますね。(スマホよりPCとかタブレットの方が見やすいと思います)

 

f:id:kjux3r7335:20181229191658j:image

f:id:kjux3r7335:20181229191711j:image

f:id:kjux3r7335:20181229191725j:image

f:id:kjux3r7335:20181229191737j:image

f:id:kjux3r7335:20181229191750j:image

f:id:kjux3r7335:20181229191801j:image

 

雑な字で申し訳ありません!!!!

 

こうやって書いても復習していかないと記憶の定着にならないんですよね。

 

著者の樺沢先生も1冊のノートに全部まとめるってことを勧めていました。

 

また見返すこともしていきたいと思います。

 

 

 

ブログについても言及していまして、「100-300-1000の法則」とは初耳でした。

 

よく「ブログは100記事書いてからが勝負やで〜」みたいなことをいろんなところで読みましたが、300、1000記事前後でもブログの状況って変わってくるんですね。

 

仕事が始まると毎日更新は絶対できないのですが、とりあえず300記事を目指して、あと140記事くらいコツコツとがんばっていきたいです。

 

 

 

 それと、1%の情報発信者になってお金をもらう立場になるか、それとも99%の情報受給者になってお金を支払う立場になるか、みたいなことも書かれていました。

 

この本を読んだばかりの今現在は、ぼくもただ読んだだけの99%の情報受給者でしかありません。

 

けど、こうしてノートにメモをし、ブログにて気づきを発信しています。

 

樺沢先生!

これでいいんですよね!?

こうやってアウトプットに転換していけばいいってことっすよね!?

 

まあ、ぼくなんかは本を出版するほどの人間でもないし、へっぽこぴーなんですけど、がんばってアウトプットをしていって、自己成長を目指していきたいと思います。

 

 

 

ちなみに樺沢先生は本書では実名、顔出しで情報発信したほうがメリットは大きいと主張しています。

 

けど、ぼくも一応公務員だったりしますんで、こうやって副業的なことやっているのはおおっぴらにはできないというか、いや、まだ収益とか全然あるわけじゃないんですけどね。

 

でも「沖田」というキャラは気に入っていますし、匿名である安心感のほうが自分の場合はメリットが大きいので、このままやっていこうと思います。

 

 

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)