特別支援学級って、特別な支援をする学級のことですよ。

f:id:kjux3r7335:20181110213615j:plain

 

特別支援学級って「出来の悪い子」「素行が悪い子」「手がかかる子」が在籍するところではないのですが、どうも誤解をしている保護者がいる気がします。

 

特別な支援をしたほうが学習効果の向上が見込める子が在籍するのが、特別支援学級なんですよね。

 

通常学級の集団の中より、特別支援学級で個々の教育ニーズに応じた学習をしたほうが効果が見込める子が在籍するわけです。

 

なので

 

「うちの子はどうすれば通常学級に戻れるのでしょうか」

「何が足りないのでしょうか」

 

という、保護者からのご質問は、少しピントがずれていると思うのです。

 

通常学級では児童生徒本人がしんどくなるから、特別支援学級で個々に対応していくのです。

 

「困った子」ではなくて「困ってる子」なのです。

 

子供は「みんなと同じ」が出来なくて困っているのです。

 

そこを支援してやるのです。

 

 

 

まぁ僕は「みんなと同じ」にどれだけの価値があるのか、少し疑問も感じますが。

 

それを言ったら「学校教育」も成り立たなくなると思うので…。

 

まぁ、そんなところです。