沖田の日記

人生のきっかけなんぞ、だいたい「なんとなく」じゃよ。

僕の人生を変えた本。

 

読書の秋ってことで、昨日はテレビで「人生を変えた一冊」みたいな企画をやっていました。

 

出演していた風間俊介さんは『プチ哲学』という本を、スタジオにいた偉いっぽいおじちゃんは『ながい坂』という本を紹介していました。

 

 

プチ哲学 (中公文庫)

プチ哲学 (中公文庫)

 
ながい坂 (上巻) (新潮文庫)

ながい坂 (上巻) (新潮文庫)

 

 

 

さてさて、僕の場合は何の本だろうなぁと考えてみまして。

 

案外思いつかないもんです。

 

何だろう…『こころ』『ドラゴンボール』『フルーツバスケット』…?

 

自己啓発書を挙げると若干かっこわるいのですが、

ユダヤ人大富豪の教え』はかなり考え方を変えさせられました。

 

 

ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣 (だいわ文庫)

ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣 (だいわ文庫)

 

 

 

中学校の担任をしていて精神的に参っているときに、たまたま本屋で買って読んでみた本です。

 

ユダヤ人大富豪の教え』というタイトルを聞いたことがあっただけで、

「あぁ、これ有名なやつだよな〜」ってくらいで、

ほんとに「金持ちになりたい」とか全く思わないで手に取りました。

 

普通に小説だと思って読んだのです。

 

そうしたら不自由人と自由人の違いがどうのこうのとか、自分のビジネスを持てだの何だのとか、

 

臨時採用教師がストレスで病んでいるときに読めばめちゃめちゃ刺さってくる内容だったんですよね。

 

「俺、めっちゃ不自由人やーん」みたいな感じでした。

 

 

 

そんなこんなで以後はひょんなことをきっかけにネットワークビジネスにのめり込む期間が数年できるのですが、自分のためのビジネスはうまくいきませんよね(苦笑)

 

今は教師にカムバックしていますし、不自由人なのは変わりないんですけど、

とりあえず「辞めない」をテーマに教師を続けていこうと思っています。