休息は愛せても、暇は愛せない。

 

沖田です。

この本を読んでいます。

 

 

いなくなれ、群青 (新潮文庫nex)

いなくなれ、群青 (新潮文庫nex)

 

 

 

まぁ小説なんですけど、ライトに読めてまあまあ面白いです。

読み途中です。

 

登場人物に中田さんという、配電塔で仕事してる男の人がいるんですけど、こんなことを言っていました。

暇と休息は違うって話です。

 

「それらはともに束縛のない時間だ。まっしろで、自由だ。でも人間は本質的に自由を求めているわけじゃない。不自由の中に、息継ぎみたいに自由が混じるからいいんだ。自由ばかりだとどうしていいのかわからなくなっちまうんだ。誰だって同じだよ。休息は愛せても、暇は愛せない」

 

休息は愛せても、暇は愛せない。

それもそうだなと思いました。

 

今日は体育の日で三連休の最終日ですが、まだまだ休息が欲しいのが実のところです。

でも、無職でいたときは「早く仕事したい」くらいに思っていました。

 

暇は暇で辛いし、お金もなくなるし、女の子にもモテません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とは言え無職歴がそこそこある僕から言わせてもらうと、

暇で暇で仕方ないわー、という境地も捨てがたいのです。

ノーストレスなのでね。

暇は愛せるほど好きではないのですが、嫌いでもありません。

 

恋人と結婚相手とでは求めるものが違う、みたいなもんでしょう。

トキメキはないけど落ち着く関係でいられるのが「暇」なのです。