沖田の日記

挫折ばかりの人生ですが。

今から教員採用試験の勉強をしないと間に合わないからね。

f:id:kjux3r7335:20180828233701p:plain

 

 

前に書いたタスクを消化するのに前職の教育支援センターに行ってきました。

 

 

xxx3.hatenablog.jp

 

 

センター長に菓子折を渡して、ごあいさつをして。

そこで聞かれたこと。

 

 

センター長「来年の採用試験の勉強、やってる?」

 

ぼく「え。少しずつ…」

 

センター長「今からやらないと間に合わないからね」

 

ぼく「小学校の免許取得もしようと思っていまして」

 

センター長「来年に間に合うの?」

 

ぼく「来年は中学での受験になると思います」

 

センター長「でも沖田くんは小学校が合ってると思うよ。優しいし」

 

 

この「今からやらないと間に合わないよ」というのはセンター長の優しさだと思うんです。

ぼくってゆるゆるでのんびりしているから、それでいてブランクも長くて学力も落ちているので、半年くらいの期間に勝負をかけようとしても間に合わないんだと思うんですよね。

そういうぼくの特徴を踏まえて助言してくれたんじゃないかなと思います。

 

あ、でもよく考えたら来年に中学国語で受験するなら、臨時採用期間で経験者枠に入って受験できるから、教職・一般教養の代わりに集団面接にすることもできるんじゃなかろうか…。

いや、今からみっちり教職・一般教養を勉強していって、一般枠での受験がいいのか…?

判断が難しくなるところです。

 

個人的には面接って苦手だし、一般教養くらいは身についた大人になりたいので、一般枠での受験で突破したいと思うのですが。

基礎学力で小・中学生に負けるのは癪ですし。(そこか)

損得判断ファーストではなくて、自分が「こうしたい」と思うことに正直になって、取り組んだほうがいいですね。

 

ただ、本当に採用試験合格に向けてやっていくのであれば、ギアも上げていかないといけないです。

今は基礎から英語文法の復習(中学レベル)をしているのですが、こんなのんびりしてたらアウトだと思います。

9月から仕事も始まって、勉強する時間もかなり減ってくるのが明確ですし。

 

あ、9月から臨時採用で担任です。

 

数学に関してもポンコツなので、中学レベルからやり直そうと思っているのですが。

英語数学の基礎復習は9月いっぱいで終わらせるくらいの気概が必要ですね。

テキストはこれを使っています。

 

 

やさしくまるごと中学英語

やさしくまるごと中学英語

 

 

 

10月からは小学校教員の免許を取るための勉強も並行するようになるので、

マジでてんやわんやになってきそうです。