思い出の品を手放すのはつらい。

 

家でずっと使わないでいたCDコンポをハードオフに売りに行きました。

 

f:id:kjux3r7335:20180819125004j:image

 

パナソニックのコンポ(SC-PM60MD)なんですけど、

CDが3枚入って、MDLPも対応しているやつで、ぼくが高校生のときに買ってもらったものです。

 

何年か前からCDチェンジャーが不具合を起こすようになって使わなくなりました。

 

それでも思い入れは結構強かったです。

 

当時、買うのに3万円くらいはしたと思うんですけど、

経済的に余裕があったわけではないのにもかかわらず買ってくれたのだなと思います。

 

今考えればほんと子どものわがままを聞いて叶えてくれて

申し訳ないというか、ありがたいというか。

 

まぁ親の考え方も「どうせ買うならハイエンドのものを買ったほうが長く使えるから」という感じでしたが。

 

MDLPもかなり使い込みました。

 

Mr.Childrenも新旧の楽曲を全て聴いたし、ほかにも19やGLAYKinKi KidsなどもMDに録音して聴いたものです。

 

xxx3.hatenablog.jp

 

MDの楽曲全部に手動で打ち込んで曲名を入れたのは大変でした。

今はダウンロードしたりストリーミング配信で音楽が聴けますもんね。

曲名を打ち込む面倒がないですもんね。

その分時間が浮くんだから今の学生は一層勉強ができますね、と言いたいところですが、世の中はそんな単純にはいきませんね。 

 

 

売りに出すときにハードオフさんから台車を借りて運びましたが、駐車場のアスファルトの振動でスピーカーが片方落ちて大きなキズがついてしまいました。

 

あああああ!!!!

思い出の品がああああ!!!!

 

と、ショックも受けましたが、仕方ありません。

つらい。

 

思い出の品を手放すのはつらいです。

 

けど、そればかり残しておいても仕方ないですからね。

 

 

 

ちなみに買い取り金額は

 

50円

 

でした。

 

思い出補正がかかっているのは自分だけなのです。