沖田の日記

がんばれ、おれ。

何かを得るためには、まず何かを手放さないといけない

 

 

ここで言っている「いろいろ」って

パワプロ2018のペナントレースのことなんですけどね。

ほんとしょうもないですよね。

 

さて、この日はそれでも夕方からブログ記事をたくさん書きためています。

滞っていたものがどんどん進み出している感じがしています。

 

時間は有限なので、自分が何に時間を割くかっていう選択は大事なことなんですよね。

もちろん、試験勉強も優先度はかなり高いんですけど、「試験は来年の7月だしな」という悠長な考えを持ってしまうのでとりあえず後回しにしがち。

それでも机に向かって問題集でも広げればやり始めるんですけどね。

ええ。

 

それもやらないといけないのはわかっているんですけど、ぼく自身で今月に立てた目標があって。

それが「1日1記事、31日で31記事」ってやつなんですよ。

 

参照

月末になったら月次報告をしてみようと思う。 - 沖田の日記

 

昔、ブログを一生懸命に書いてた時期があって、それが2015年の12月とかなんですけど、その時期はとにかくがむしゃらに毎日記事を更新していました。

アパートに一人暮らしで、もう他に何も目指すものがなくて、わけもわからずでしたが、毎日ブログを書いていました。

そこから半年くらいは毎日のように記事を書き続けました。

ほぼ毎日。

結局そのブログは実名であることがネックになり、今では更新せず放置してあります。

 

それでも毎月コンスタントに10000pvくらいは読まれていて、少ないですけど1000円くらいの収益は生み続けてくれています。

ありがたいかぎりです。

 

f:id:kjux3r7335:20180818204057j:image

  ↑

(2018年8月18日20時ごろの実名ブログのアクセス数です)

 

 

8月は仕事なくて

やばいいいいいいいい

ってなことを、ここ数日、ブログ記事で嘆いているじゃないですか。

けど、ブログを書こうとするモチベーションは結構継続できているんですよね。

そう、無我夢中で毎日ブログを書き続けていた2015年12月からの約半年間のように。

 

「1日1記事、31日で31記事」という目標を達成したいという気持ちがあるのも大きいです。

意識高いようなことを言いますが、何か目指すものがないと人間はどこまでも堕落してしまう生き物だと思っています。

 

 

何かを得るためには、まず何かを手放さないといけない

というのはいろんな自己啓発本に書かれているし、成功哲学のひとつの真理でもあるのでしょう。

ゲームをする時間や二度寝でだらだらする時間を捨てていけば、もっともっと生産性のある時間の使い方ができるはずなんです。

 

ブログで会社員を卒業し、悠々自適な生活をするヒトデくんも言っていました。

 

新しく何かを始めるのであれば、何かを辞める必要があります

具体的に、僕はゲームをほとんどしなくなりました。

テレビも見なくなりました その時間、何をしていたのかというと、ブログを書いていました

 

引用:

www.hitode-festival.com

 

 

環境を整えることも重要です。

ゲームを捨てるとか誰かに預けるとかして「やりたいけどできない」ってな状態をつくらないと、意志はすぐに折れ曲りますからね。

デスクで作業するなら、その周りも整理整頓をキープして、いつでも作業開始できるようにしておかないと。

難しければ図書館とか喫茶店を活用してもいいけど、それもサッと行けるように荷物を整えておかないとですね。

 

今月は31記事を達成させます。