沖田の日記

のほほんとした雑記。

「情熱大陸:東大卒プロゲーマーときど」を見ての感想

 

情熱大陸」で東大卒のプロゲーマーときどさんについて特集していました。

いや、プロゲーマーにはあまり興味ないんですけど、部屋が。

 

f:id:kjux3r7335:20180813143952p:plain

f:id:kjux3r7335:20180813144009p:plain

f:id:kjux3r7335:20180813144024p:plain

 

ときどさんの本名は「谷口一(たにぐちはじめ)」さん。

めっちゃミニマリストやなと思ってスクショしました。

 

ぼく、ミニマリスト好きなんです。(自分がそうなれないから^^;)

 

ゲームの練習は事務所の方でやるらしく、自宅にはテレビさえないのだと。

布団と机と掃除機と、少しの収納くらい。

 

昔はお金がなかったけど、今はそうでもないのだと。

けど収入に応じて生活ランクを上げてはいけないという谷口家の家訓を守っているんですと。

 

成功する人って本当にモノに対する執着って少ないですよね。

他人からどう見られるかっていうことをあまり意識してないというか、そこに無頓着というか、どうでもいいというか。

 

しかし、プロゲーマーという職業については思うところがあるみたいです。

 

 

 

ときどさんはプロゲーマーという立場(肩書き)について世間の目と戦っていると話していました。

ストリートファイター5」で生活できているのは30人足らず。

有名な梅原大吾さんもその一人でした。

 

f:id:kjux3r7335:20180813144325p:plain

f:id:kjux3r7335:20180813144343p:plain

f:id:kjux3r7335:20180813144405p:plain

f:id:kjux3r7335:20180813144425p:plain

f:id:kjux3r7335:20180813144443p:plain

f:id:kjux3r7335:20180813144458p:plain

 

 

f:id:kjux3r7335:20180813143707p:plain

f:id:kjux3r7335:20180813143734p:plain

f:id:kjux3r7335:20180813143753p:plain

 

アトランタで世界大会があったそうなのだが、

ときどさんがチャンピオンとなり賞金1700万円あまりを手に入れていました。

 

「Feels good!(気持ちいいぜ!)」

 

ときどさんはそう叫びました。

 

f:id:kjux3r7335:20180813150410p:plain

f:id:kjux3r7335:20180813150115p:plain

 

自分の好きなことでチャンピオンになるのは相当に気持ちいのでしょう。

 

 

ネットワークビジネスで収入を得ている人も世間の目と戦っていますし、

ブログやYouTubeで収入を得ている人も世間の目と戦っているのだと思います。

プロゲーマーも然りで。

 

それでも今までの常識観念がそれを「異色」として見てしまうのであって、これからの時代を考えるとそれが「普通」になっていくんだと思うし、そういう価値観の多様性に大人たちも順応していかないと若い世代が生きづらいまんまになってしまうよなぁと思ったりします。

 

個性を尊重しろ

長所を伸ばせ

好きこそ物の上手なれ

 

そんな常套句もこれまでは矛盾を孕んでいたのかもしれません、子育てでも学校教育でも。

けど今後はもっともっと貫いていきやすい時代になるんだと思います。

 

成功できる人間は一握りかもしれないけど、それは野球に没頭する高校球児を心から応援するのと何の違いがあるでしょうか。

 

子どもたちは好きなことにどんどんハマっていっていいんじゃないかなと思った次第でございまするるるるる。