沖田の日記

のほほんとした雑記。

「資産を作る仕事を、今日はどれだけやったか?」を自分に問え。

 

8月になりました。

ブログを再開します。

報告をしておきましょう。

教員採用試験は落ちました。

ちーん。。。合掌。

 

少しブログを書いていこうと思います。

僕は何事にもバリバリにがんばっていこうみたいな気持ちがなくて、

基本的にはゆるゆるふわふわやりたい人間です。

 

 

仕事とか勉強とか、がんばっていかないといけないのはわかるんですけど、

「ゆるゆる」が基本スタンス。

そういう生き方を今後もしていきたいと思うんです。

 

ゆるく生きていく中でひとつの指針にしたい本があります。

僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか? (星海社新書)』という本です。

 

f:id:kjux3r7335:20180801150719j:image

 

本の中では「働き方」のポイントとして以下の事項が挙げられています。

 

①世間相場よりもストレスを感じない仕事を選ぶ。

②まず「積み上げ」によって土台を作り、その土台の上でジャンプする。

③労働力を「消費」するのではなく「投資」する。

④長期的な資産を作る仕事を選ぶ。

⑤過去からの「積み上げ」ができる仕事(職種)を選ぶ。

⑥変化のスピードが遅い業界・職種をあえて選ぶ。

⑦賞味期限が長く、身に付けるのが大変で、高い使用価値のある知識・経験をコツコツ積み上げる。

⑧PLだけではなく、BSも考えて働く。(=BS思考)

 

 

PLというのは、会計の「損益計算書(profit and loss statement, P/L)」のことで「費用・売上・利益」が表示されるものです。

BSというのは、「貸借対照表(balance sheet、B/S)」のことで、将来の利益を生み出す「資産」や損失を発生させる「負債」などが記載されるものです。

 

毎日毎日100の労力で100の成果(仕事)を こなしていくより、

コツコツと土台作りをして、

例えば80の土台ができたら、あとは20の労力で100の成果を生み出せるようになるんだから、そっちのほうがよくない?という考え方です。

 

これを目指していく際、毎日の終わりに自分に問うべきは

「資産を作る仕事を、今日はどれだけやったか?」

ということなのです。

 

ブログで収益化を考えていこうとするなら、記事を書いたりリライトしたりといったことが当てはまるでしょう。

職人系は日々の修行や練習が資産になるでしょうし、教師は知識や経験が資産になるでしょう。

それが「世間相場よりもストレスを感じない仕事」かどうかは、人によりけりでしょうが。

どんな仕事にも「積み上げ」が必ずあるということです。

 

本の中では

「ひとは、1年でできることを過大評価し、10年でできることを過小評価する」という言葉も紹介されています。

 

ストレスで苦しみ、気を病むようなら早々にドロップアウトしていいと思います。

そうでなければ今やっていることを信じて、10年間継続してみましょう。

経験やノウハウも蓄積されて土台となり、自身を助けてくれるようになるでしょう。

 

僕もそれを信じて、ブログに勉強にと(ゆるゆると)励んでいきたいと思います。

 

 

僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか? (星海社新書)

僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか? (星海社新書)